あらゆる面の風俗情報をお届けしま~す

オシャレ風俗ビンビン踊るの巻

オシャレな風俗が好き~ビンビン~♪

風俗検索サイト「ビンビンウェブ」でオナクラを検索していたら「赤坂かりんと」というお店を発見したんですが、この風俗サイト「ビンビンウェブ」に掲載されている「赤坂かりんと」の?文章を見ると、なぜか「手コキ好きは必見!神田で味わえるワンランク上の手コキプレイ」などと書かれてある。
それから渋谷にもオナクラのお店がある。

あれっ!?神田って赤坂と近かったっけ??渋谷エリアから両方通いやすいんだっけ?

どうやら「赤坂かりんと」というお店とは別に「神田かりんと」というお店があって、「神田かりんと」から「赤坂かりんと」に風俗嬢が移籍したりしているところなどから考えると、系列店なのかな?って思う。

綺麗なオナクラ嬢

 

オナクラに潜めた独特の楽しいポイント



プレイ料金は基本コース30分で4,500円という安さと、これは手コキ専門店やオナクラの特徴でもあるんですが、素人っぽい女の子と以上にかわいい女の子が多いことにある!

これは何でかというと、やはり風俗というと裸にならなければいけなかったりハードな辛みがあったりもするので、綺麗な女の子としてはやはり大半は抵抗がある人が多いんだと思う。

ところがこの手コキ専門店やオナクラだと、服を脱がなくてもよいところが大半だし、やっても手コキなので、女の子的に言うと楽して稼げるので、ドップリ風俗という訳でもないので稼げるということで、風俗に抵抗があったようなかわいい女の子でも隠れて働いていたりするので、たまにびっくりするようなかわいい子がいたりして、そういうレベルの高さもある意味ドキドキしますな~~(笑)

しかも、この手コキ風俗やオナクラに通う男性の特殊なところは、すべてがかわいい女の子や裸を求めているわけではなく、大半は見た目よりも素朴さを求めていたりもするし。

つまりどういう事かというと、手コキ風俗やオナクラに通う男性が求めているのは、嬢の表情だったり、嬢の反応に興奮すのであって、極端な話、いくら見た目とかで「おっ!!」って興奮したとしても、その後反応がそっけないと萎えますかね・・・(笑)

逆に見た目はタイプじゃなかったとしても、男の裸に興奮しているしぐさだったり、ビックリしているようなしぐさをされると興奮するので、もしかしたら男慣れしてなさそうな素朴な女の子のほうが、手コキ風俗やオナクラでは人気かもしれません!!!

その反応を試してみたい人は是非この「かりんと」で素朴な女の子を指名してみてください!

 

 

 

 

 

 

 

 

池袋といえば都内屈指の風俗激戦区で、さまざまな形態の風俗店がひしめき合っている。
若い人も多く集まるエリアなので、ソフトな若い人向けのお店から、ディープでマニアックなお店まで幅広い。

なぜ幅広いのかというと、イメクラとはイメージクラブというその名の通り、コスプレとかイメージプレイを行うお店なので、どうしてもマニアックでフェチな要素を取り入れたお店が増える傾向にあり、プレイ内容のハードさよりもいかにフェチ心をくすぐれるかが、お店が流行るか流行らないかの分岐点になる気がするんだな。

当然、ターゲットになるターゲット層が制服マニアであれば、コスプレのイメージプレイができるお店になりますし、ターゲットが熟女とかぽっちゃり好きなのであれば、そういう人と出会いたい人たちが恋人気分を味わえるという事を売りにしているお店になっていくので、こういった多様化が、一般的な風俗店があるエリアよりもマニアックなお店が増えている理由なのだと思う。

イメージプレイといえば妄想の世界なので、現実の世界では逮捕されてしまう痴漢プレイや、夜這いのようなプレイをしたいという人たちのニーズにこたえたイメクラや、OLや女子高生という設定のお店まである。
現に、池袋・赤羽・大塚・巣鴨の風俗求人って、この風俗求人のビーワークを見てみれば、若い子はもちろん、人妻も風俗のアルバイトが簡単にできる。

「女性が作る、女性のために高収入求人サイト」のビーワーク、ありね。

風俗アルバイトに面接しにきた女性の足と手

 

エッチも好き!マネーも好き!一石二鳥!



女性もエッチのことを大好きな人がたくさんいるし、出会いサイトで変な人に遭遇するより、このビーワークに登録して、エッチなこともできる上に、財布も膨らむ方がいいんじゃないかなって思う。

風俗でいかにもプロって娘がいるけど、年齢や容姿に関係なく、なんかうぶで、「こういうお仕事は初めてですぅ~」って素人っぽい呼娘がいい。それから、イメクラの定番と言えばやはりナース姿が定番で、ナース姿のギャルを売りにしているナースイメクラは池袋だけでも何店舗も存在するからラッキーだなぁ!やはりナースといえば献身的に世話をしてくれるイメージと、清楚なイメージがあるので、逆にその清楚な制服姿の女性にいやらしい事を献身的にしてもらえるんじゃないか!?という妄想が、多くの男性ファンに人気な理由なのかもしれない。



 

 

 

 

 

五反田といえば都内でも有名な風俗の密集しているエリアの一つだが、いわゆる新宿、渋谷、池袋と決定的に違うのは、年代が高めでディープな印象があるのが五反田の特徴だ。しかも店舗型のお店も多いんですが、近年は無店舗化が年々進んでいるみたいなので、イメクラも店舗型のイメクラのお店よりも無店舗型のイメクラのお店が増えてきているみたいだな。

五反田の風俗といえば元々SM系のお店も昔から多くあったことなどから、マニアックなお店が多いという特徴がある。年代も高めなこともあって人妻系の店舗が多く、女性が男性を責めるコンセプトのお店が多い気がします。キレイな女王様やお姉さんに足や言葉で責められたいというフェチ系の店やソフトSM的なイメクラのお店など、やはりSM系のお店が多いのが五反田の特徴な気がするんだ。

女性のおっばいにそっくりの置物

 

五反田はとにかくディープだぁ!



しかも巨乳系といってもかなりマニアックなデブ専レベルのお店や、人妻熟女系などが多いので、同じ巨乳系や人妻系でも、他のエリアよりもマニアック度が高いので、そういう意味でも若い人がさらりと気軽に勢いで行くエリアというよりは、風俗に精通しているマニアが集まる街という印象が強い。

3Pとか複数プレイを売りにしていたりSMチックなイメクラも多い事から、通常では絶対味わうことができないハーレム気分を味わいたいと五反田を訪れる人も多いみたいです。

そんなディープスポットであることから、財界人やお笑い芸能人など著名人の常連客も多く、多くの芸能人が足繁く通うお店も多数存在している。

また店舗型ではなく、ホテヘル型のイメクラも増えているので、そちらの無店舗型のイメクラはどっちかというとコスプレや素人っぽさを売りにしたいわゆる新宿、渋谷と同じく今どきの若い女性の素人っぽさを売りにしているお店が多いので、いわゆる五反田のディープさは少ない印象だ!

マニアックな五反田を堪能した人は店舗型、素人っぽさやコスプレを楽しみたい人はホテヘル型を利用している傾向があるので、自分の好みで利用してみましょう。



 

 

 

 

エリアごとに風俗店にも特色が出るものだが、ディープなおじさんの街か、若者が集まるオシャレな街かでかなり風俗店の種類も、そこで働く女の子の質も変わってくる。

そもそも下町みたいなところであれば、大体が地元のひとたちが客の大半で、そこで働いている女の子も地元かその界隈の人が多いと思うので、下町で昔から住む女の子があまり風俗では働かないと思うので、働いているとすれば真面目そうな地味な子というよりは、派手な女の子が多いんじゃないかな?って勝手なイメージを抱いてしまう。

逆に渋谷とか新宿のような大都市の場合も、当然そこが地元の人たちが働くケースは少なくて、大体が地方から出てきた人たちか、その沿線上の人たちが多いと思う。

渋谷にあるオシャレな太陽の絵

 

渋谷センター街を超えて・・・イメクラが出現・・・



そうすると、渋谷の沿線上では神奈川方面か、埼京線で埼玉から出てくる人が多いので、ここでもまた勝手なイメージではオシャレな若者か、派手なギャル系かどっちかの先入観がある。

そして年代も、比較的若い人が集まっている気がするので、働いている女の子も若い人が多いじゃないかなーって思う。そして若い女の子が好きなのはオジサンなので、渋谷でイメクラに行くのはオジサンが多い気がする。

若い男の人は、ちょっと前まで制服を着て女子高生を毎日見ていた訳だし、若い女性の知り合いも多いだろうから、渋谷のイメクラといえば若い女子高生や、若いナースを目当てにしたオジサン向けのお店が多いのではないかな?と思う。
かくゆう自分も世代的にはオジサンなわけだけど、実際自分と同世代の男性陣は若い女の子が大好きなので、田舎のイメクラよりは都会のイメクラの若くてかわいい女の子を求めて通ってそうなイメージがある。

ひと口に渋谷といってもさまざまなエリアに分かれていて、最近では店舗型が少なくはなっていますが、数少ない店舗が密集しているエリアに行くと、大体がコスプレを前面に出しているお店が目につく。風俗求人ビーワークというサイトがあって、常にアルバイトを募集してるのが、やはり需要があるだと思う。

では他のイメクラは一体どこにあるんでしょうか?それは大半がマンションタイプや雑居ビルタイプのところがほとんどらしく、一見そこにお店があるとはわからないような感じで営業しているところがほとんど見たいんだな。

なので、堂々と派手な看板を掲げて営業しているイメクラのお店もありますが、実はネットで検索すると多くヒットするお店の大半が、マンションやビルの中で営業しており、その大半が若い女性の働くイメクラなのだな。



 

 

 

 

 

秋葉原といえば世界でも有名な「オタク」の街。
オタクの街という事もあり、メイドの風俗店も目に付く。

アニメ好きやコスプレ好きなオタクが集まる秋葉原という土地柄もあるのか、コスプレ系の風俗店や、シチュエーションにこだわったお店が多い気がする。

これはターゲットがオタクの男性客をだからなのかと思いきや、実は働いている女性も、やはり秋葉原に来る女性特有なオタク気質のある女性や、コスプレ好きの女性が多いみたいなので、そういう意味では相思相愛というか、お互い秋葉原の文化が好きな男女が、風俗というフィルターを介して集まっているのかなーなんて不思議な感覚を覚える。

オタクが大好きなアイドルの足

 

オタクだって男だもん~



オタクというと独特の風貌の奥手な男の人ってイメージもあるが、最近のオタクは洗練されていて、もっと見た目上はわからない感じだったり、むしろ女性にモテそうなイケメンだったり、昔のイメージと違って奥手どころかネットだけじゃなくリアルでも活動的な明るいオタクも多い気がする。

そんなアクティブな新世代のオタクにとっては、もしかしたらメイド喫茶の延長上で、メイドイメクラやコスプレイメクラも、オタク文化を楽しむ楽しみ方の一つなのかもしれない。

そして秋葉原といえば忘れてはいけないのが萌え文化だ!

萌え(もえ)とは、アニメ、漫画、ゲームソフト等、特定の対象やシチュエーションに対して、好意を抱いたり興奮を覚えるような気持ちを表す言葉らしく、一般的には2000年頃からおたく用語としてマスコミを中心に取り上げられるようになったと言われている。ちなみに萌えという言葉は2005年にはユーキャン流行語大賞に選出されたことで、今では秋葉原を中心に一般化されてきている。

つまり秋葉原の風俗店というのは、秋葉原の人たちが萌えるシチュエーションだったり、コスプレを取り入れているかどうかが重要で、実際そういうお店が流行っているのかもしれない…

だからスクール水着や、ブルマなど、ちょっとロリっぽい趣味のイメクラやコスプレが多いのも秋葉原の特徴だな。